建物の効果的な建築方法もわかる!地盤調査の重要性とは?

目的に合わせて方法を選ぶ~地盤調査の3つの方法とその特徴~

ロゴ

リスクを回避するために

地盤調査を怠って建物を建ててしまうと、その建物の耐久年数に大きく影響を与えます。せっかく建てた家なども、軟弱な地盤のせいで長持ちしなくなるかもしれません。

地盤調査の代表的な方法・3選

作業員

スウェーデン式サウンディング試験

最も一般的な地盤調査で、スクリューポイントと呼ばれる機械を地盤に貫入させます。その時のスクリューポイントの回転数と荷重から抵抗値を測定します。

ボーリング標準貫入試験

ボーリングとは「くり抜く」という意味で、地盤の固さを1メートルごとに測定する方法です。一般的には「ボーリング調査」という名前でよく聞かれます。

ポータブルコーン貫入試験

コーンを人力で地中に押し込むことで圧力を測定し、面積あたりの抵抗値を算出します。人力での試験なので、深い地盤まで調査をすることが難しいというデメリットがあります。

建物の効果的な建築方法もわかる!地盤調査の重要性とは?

工事現場

事前の調査が大切

地盤調査は、なんと言っても建物を建てる前に行うことがお勧めです。地盤調査を行うメリットは、地盤が建物を支えられるかどうか分かるだけではありません。地盤調査を行うことで、建物を効果的に支える方法を知ることもできるため、事前調査が何よりも大切です。

男女

人間の「足腰」にあたる地盤

人間でいう「足腰」の役割を担う地盤は、しっかりとしたものでなければ身体となる建物を支えることはできません。足腰が弱い人がずっと立ち続けることができないのと同様、地盤の弱い建物は長持ちしないことは言うまでもありません。

工事現場

費用の目安は

地盤調査にかかる費用はその調査法によって大きく異なります。最も一般的なスウェーデン式サウンディング試験であれば約5万円、ボーリング標準貫入試験などは約15万円とされています。地盤の深さにより、費用は変わります。