コンプレックス美々っと解決【目白ポセンシア の華麗な美容施術】

美容

女性の象徴の表し

乳房を失うことの痛みを救う手術

美容

乳ガンと診断された場合、ガン切除のために乳房にメスを入れざるを得ず、その結果として乳房が変形したり、ガンの進行によっては乳房の全摘出しなければなくなるというリスクを負わなければなりません。「命あっての物種」とは言うものの、女性にとって乳房は「女性らしさの象徴」であり、それを失うことは肉体的以上に精神的な苦痛をもたらすことになるのです。 そこで患者さんからこの負担から救うのが「乳房再建」です。方法としては一つには患者さん自身のお腹や背中の組織(自家組織)を使う方法です。これは人工物を体内に入れるのに抵抗がある人向きですが、手術時間と入院期間が長くかかる場合があります。そして傷跡が残りやすいので、手術の際は傷跡の位置を患者さんが医師と相談して決めることができます。しかし最近では技術が進み、術後の傷跡もかなり目立たなくなってきています。

乳房再建術の未来

乳房再建には他にもインプラントによる手術があります。大胸筋の下にティッシュ・エキスパンダーと呼ばれる皮膚拡張器を挿入し、生理食塩水を注入しながら皮膚とその周辺組織を1〜6ヶ月かけて拡げます。その後にブレスト・インプラントというシリコン製人工乳房に入れ替え、傷を閉じて終了です。この乳房再建術だと手術時間・入院期間が短くて済み、体への負担も少ないです。 最近の乳房再建術の技術は飛躍的に進歩しており、まず見た目には手術前とはほぼ区別ができないほどであったり、手触りや弾力も本物と遜色ないくらいです。しかも最近では温度変化により色が変わる乳房を開発中で、従来ならばお風呂に入ると、片方の乳房だけ色が変わらないという違和感があったのですが、これならば湯につかると乳房の色がほんのりと赤く染まるので、温泉や公衆浴場でも気兼ねなく入湯できます。もちろんデコルテの大きく開いた服装や水辺でのビキニなどのファッションを楽しむことができます。

Copyright ©2015 コンプレックス美々っと解決【目白ポセンシア の華麗な美容施術】 All Rights Reserved.

This template downloaded from: Free Css Templates